メインコンテンツに移動

お医者さんに
聞いてみよう!

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の気になるところを、お医者さんに詳しく解説していただきました

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは何ですか?

Q. そもそも、睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは何ですか?

A. 睡眠時無呼吸症候群(SAS: Sleep Apnea Syndrome)とは、文字通り、睡眠中に呼吸が何度も止まってしまう病気です。

医学的には、呼吸に伴う気流が10秒以上停止した状態を無呼吸と呼びます。睡眠中1時間当たり5回以上、もしくは、一晩(7時間)に30回以上の無呼吸があると、SASと診断されます。

無呼吸が起こるたび、患者様自身が気がつかないうちに、かすかな目覚めを繰り返しています。睡眠が何度も妨げられるため、睡眠の質が落ち、体をしっかりと休めることができなくなります。そのため、日中のひどい眠気や集中力の低下を引き起こします。これによる社会的な影響は見逃せません。

日本では2003年に、山陽新幹線の運転士が居眠り運転し、岡山駅で緊急停止する事故が発生しました。その後、この運転士は睡眠時無呼吸症候群だと判明しています。この事故をきっかけに、SASが注目を集めるようになりましたが、近年もSASを原因とした事故の報道が後を絶ちません。睡眠を上手く取れないことで、日中の眠気・認知・記憶力の低下が生じるため、思わぬ事故や失敗を引き起こしかねません。

また、夜間無呼吸が発生すると、呼吸再開時に急激に血圧や心拍数が上昇し、体に大きな負担がかかります。そのため、SASを治療せず放置すると、さまざまな合併症を引き起こす可能性が高くなります。

SASの人って、どれくらいいるのですか?

Q. 最近SASについてよく耳にしますが、そんなにたくさんの人がかかる病気なのでしょうか?

A. 日本のSAS患者数は、約250万~300万人と言われています。

だいたい、人口の2~4%ほどがSASだと推定されています。

しかし、SASは患者様自身の自覚症状が無い場合も多いため、無症状の患者様を含めると、この数倍の潜在患者がいるとの予測もあります。

これまでの調査から、男性:女性=2~3:1で、男性の患者さんの方が多い病気だと言われています。

無呼吸以外に、SASの症状ってないのでしょうか?

Q. 睡眠中の無呼吸以外に、SASの症状はありませんか?

A.大きないびき、日中の眠気、起床時の頭痛、熟睡感の無さ、などが症状としてあげられます。

そのほかにも、夜間の覚醒、夜間頻尿、記憶力の低下、集中力の低下、性欲の減退、勃起不全などが特徴的な症状として知られています。

これらの自覚症状に当てはまる場合や、いびきなどについてベッドパートナーからの指摘がある場合は、お近くの専門医を受診されることをお勧めします。

肥満の人がSASになりやすいと聞きました

Q. 肥満の人がSASになりやすいと聞きました。痩せていれば、SASにはならないでしょうか?

A. 肥満でないSAS患者様もいます。

日本人のSAS患者様の30~40%は肥満ではないと報告されています。

SAS患者様の多くは、気道が物理的にふさがってしまうことによって、睡眠中に無呼吸を引き起こしています。

太っていると、喉の周りに脂肪が付き、気道がふさがりやすくなります。そのため、肥満によってSASを発症しやすくなることが知られています。

しかし、顎が小さいなどの骨格上の問題がある方、扁桃腺が肥大している方。アレルギーなどで上気道の炎症を起こしている方などは、肥満でなくてもSASを発症していることがあります。SASが疑われる自覚症状があるのに、「太っていないから大丈夫」といった自己診断をしてしまうことは、大変危険です。

SASはたくさんの合併症を引き起こすと聞いたのですが

Q. SASはさまざまな合併症を引き起こすと聞きました。詳しく教えてください。

A. 高血圧、虚血性心疾患、脳血管障害、糖尿病などが合併症としてよく知られています。

 

SASによって、さまざまな合併症が引き起こされることが分かっていますが、特にSASの患者様は高い確率で高血圧を併発すると言われています。

SASの患者様は睡眠中、呼吸の停止と再開を繰り返します。無呼吸後、呼吸が再開するとき、脳は起きている状態になります。患者様自身は気づいていませんが、睡眠が何度も中断されているのです。通常、眠っている間は副交感神経が優位になり、血圧を低下させます。SAS患者様は睡眠が中断されてしまうため、交感神経系が亢進され、夜間にも血圧が上昇した状態が持続してしまいます。夜間血圧が下がらないと、脳や心臓に負担がかかるため、脳卒中や心不全のリスクも高くなります。

SASの重症度が高くなるほど、糖尿病の合併割合が高くなることも知られています。しかし、糖尿病とSASが関連するメカニズムについては、まだはっきりと解明されていません。一説では、ストレスホルモンの働きによるインスリン抵抗性の増大が関連するのではないかと推測されています。SAS患者様は睡眠がうまく取れておらず、不眠自体がストレスとなります。そのため、コルチゾールなどの「ストレスホルモン」や、ノルアドレナリンが多く分泌されます。これらは血糖値を上昇させるように働くので、糖尿病の悪化につながる可能性があります。

どのようにして、SASと診断されるのでしょうか?

Q. どのようにして、SASと診断されるのでしょうか?

A. 問診の後、一晩睡眠状態を調べる検査を行います。

問診でSASが疑われる場合は、睡眠中の呼吸状態を調べるポリソムノグラフィー(PSG)と呼ばれる検査を行います。

PSG検査では、一晩入院して、さまざまな電極やセンサーを体に取り付けて眠り、無呼吸の回数など、睡眠状態を調べます。入院せず、自宅で患者様自身でセンサーをとりつけ検査を行う、簡易検査もあります。簡易検査の結果、さらに詳しい検査が必要な場合は、後日入院での検査も行います。

どちらも、痛みを伴うことはありません。入院の場合は、夜に病院に来て、翌朝検査が終了次第退院できます。

SASの治療方法について教えてください

Q. SASの治療方法について教えてください

A. SASの治療には、生活習慣の改善、CPAP、外科的な治療、歯科装具による治療などがあります。

生活習慣の改善

SAS患者さんのうち、肥満を伴っている患者さんには、減量が有効な場合があります。

また、喫煙習慣のある患者さんは禁煙が有効です。喫煙は、血中酸素の低下、咽頭部の炎症を引き起こし、SASに悪影響を与えるからです。

アルコールや睡眠薬も、気道の筋肉群の活動を弱めるため、睡眠中に気道が狭くなりやすくなります。SASの改善には、睡眠前のアルコールや睡眠薬は控えた方が良いでしょう。

また、仰向けで寝ると気道がふさがりやすいため、横向きで寝るなど、体位を変えることもおすすめです。

CPAP療法

CPAP療法(continuous positive airway pressure therapy: 持続気道陽圧療法)は、鼻マスクを介して気道に空気を送り込み、気道のふさがりを防ぐ治療法です。カタカナで「シーパップ療法」と読みます。

欧米や日本では最も普及している治療法です。

保険診療下で、医療機関から機械をレンタルするのが一般的です。治療効果を医師に確認してもらうため、定期的な通院が必要です。

外科的治療

手術によって、無呼吸の原因を取り除く場合もあります。

例えば、アデノイド(のどの奥、鼻の後ろにある咽頭扁桃と呼ばれるリンパ組織)や、扁桃腺が肥大している場合は、手術によりこれを取り除くことが第一選択となります。

UPPP(uvulopalatopharyngoplasty:口蓋垂軟口蓋咽頭形成術)という、いわゆる「のどちんこ」を切除し、上気道を拡大させる手術もありますが、無呼吸を完全に消失させることは困難です。また、手術によって一度症状が改善したものの、時間の経過とともに元の状態に戻ってしまったという報告例もあるため、慎重な判断が必要です。

 

口腔内装置(マウスピース)

マウスピースを装着することで、SASを治療する方法もあります。マウスピースによって下顎を上顎よりも引き出した形で固定し、上気道を広げます。

マウスピースでの治療は、装着が簡便で、長期的に見れば費用も安いところが利点です。ただし、重症のSAS患者さんには治療効果が薄い場合があり、長期使用によって歯や顎関節に悪影響を及ぼす可能性もあります。

マウスピースを作製する場合は、作製に慣れた医療機関にお願いするのが良いでしょう。睡眠専門医療機関と連携しているところや、睡眠学会などの認定歯科医や所属歯科医をお調べ頂くことをおすすめします。

 

質問に回答してくださったのは…

松橋耳鼻咽喉科・内科クリニック院長 松吉秀武先生

産業医科大学卒業、熊本大学医学部大学院修了

医学博士、日本耳鼻咽喉科学会認定専門医、日本耳鼻咽喉科学会認定 補聴器相談医、日本耳鼻咽喉科学会認定 騒音性難聴担当医、日本医師会認定産業医、日本気管食道科学会認定気管食道科専門医、日本めまい平衡医学会認定めまい相談医、日本めまい平衡医学会認定めまい専門会員、身体障害者指定医