メインコンテンツに移動

睡眠時無呼吸症候群とは

眠気が取れない、日中耐え難い眠気を感じる。
そんな症状をお持ちではないですか?

最近よく耳にする「睡眠時無呼吸症候群」。
これってどんな病気なのでしょうか?


睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に本人が全く無意識のうちに幾度となく呼吸が止まってしまう病気です。

医学的には、「10秒以上の無呼吸が、1時間に5回以上生じる病態」と定義されています。

無呼吸の原因は、睡眠中に喉の筋肉がゆるんで舌が垂れ下がり、空気の通り道である気道をふさぎ、呼吸が止まってしまうこと。

肥満の中年の方に多いとされていますが、あごや口内の形状によっては、やせ形の方、若い方でも発症の可能性は十分あります。

 

最も特徴的な症状は”大きないびき”。気道が狭くなることで起こります。

こうしたいびきや無呼吸の苦しさによって夜中に何度も覚醒してしまい、十分な休息がとれず、日中に強い眠気を感じることが有ります。

どのような弊害があるの?

日中に強い眠気を感じることから、居眠りによる交通事故を引き起こしやすくなります。

 

睡眠時無呼吸症候群による日中の眠気は、運転中・会議中・作業中など、時と場所を選ばずに襲ってきます。これによって引き起こされる労災も大変多いのです。

また、睡眠時無呼吸症候群は、労災だけであく、多くの合併症が引き起こすことがあります。

高血圧や不整脈、心筋梗塞など循環器系の疾患や、脳梗塞、脳血管障害、糖尿病といった生活習慣病になる確率が高くなるのです。また、高脂血症や動脈硬化、不整脈の恐れもあります。こうした致死性の発症率は、健康な人に比べて高血圧が3倍、心疾患が2倍、脳血管障害が2倍と言われています。

症状に少しでも思い当たる点がある場合、睡眠時無呼吸症候群に関しての早めの受診が必要です。