メインコンテンツに移動

睡眠時無呼吸症候群の検査

どのような検査をするの?

寝ている間の呼吸状態を自身で判断するの難しいことです。
では、どのように検査・診断するのでしょうか?


①問診

医師が患者様に問診を行います。

この問診では睡眠時無呼吸症候群の症状について質問します。睡眠時無呼吸症候群の合併症として高血圧があげられることから、血圧について尋ねたり、実際に血圧を測定する場合もあります。

睡眠時無呼吸症候群の患者様の多くが自覚症状が少ないため、ご家族に同席してもらうことをおすすめします。

②眠気指数(ESS)テスト

問診に続いて、「眠気指数(ESS)テスト」により、日中の眠気を確認することもあります。

ESSテストは、患者様の主観から日中の眠気を確認するため、必ずしも正確とは言えません。そこで問診の結果により、検査に進みます。

③簡易検査

簡易検査で使用する検査機器は小型・軽量タイプであるため、患者様のご自宅で検査が行えます。

検査方法は、小型のセンサーを装着し、いつも通りに眠ります。

睡眠中、センサーが無呼吸の回数や、経皮的な動脈の酸素量などを測定します。

④精密検査

簡易検査の結果次第では、精密検査を受ける場合もあります。

通常、精密検査は一泊入院して行います。

精密検査では、簡易検査の項目に加えて、睡眠中の脳波・心電図・眼球運動などを検査し、無呼吸状態だけでなく、睡眠の質も調べます。