メインコンテンツに移動

呼吸法によって睡眠を改善できますか?

呼吸を学び、より良い睡眠とストレスコントロールの改善を

CPAPのマスクは、閉塞性睡眠時無呼吸症候群の患者さんにとってとても重要です。呼吸を学ぶと、より良い睡眠が得られ、ストレスコントロールが改善します。

人間は生きるために息をしていますが、ごくわずかな人が、良い呼吸方法を活用しています。閉塞性睡眠時無呼吸症候群の患者さんが良い呼吸法を知ることはメリットがあります。

 

基本的に呼吸には、胸部、横隔膜、腹部を使った、様々な呼吸法があります。例えば、西洋人は胸式呼吸の傾向にあり、横隔膜及び腹部を使った呼吸を行うことで普段より好調に感じるようになるかもしれません。ネットには、映像、著書やアドバイスなど、たくさんあります。

簡単にできる良い呼吸法は、 鼻でゆっくり、深く呼吸します。これによって、口で行うよりも良く、強い呼吸ができます。

呼吸法を学ぶメリットとは

正しく呼吸するための習慣を身に付けるには、少し時間がかかるかもしれません。しかし、正しい呼吸によって得られるメリットはたくさんあります。特に、睡眠や閉塞性睡眠時無呼吸症候群においては大切です。

  • 呼吸トレーニングは、早く眠りにつくために最適だと言われています。(CPAPでマスク呼吸を行っている人にとっては少し難しいかもしれません。)
  • 呼吸を正しくすると、落ち着き、より良い睡眠を得る能力が向上します。
  • 呼吸法が身につくと、ストレス的な場面においても心の状態を制御する能力が高くなります。ストレスな状況とは、CPAPマスクの装着や、睡眠中の呼吸停止によるその後の覚醒や、日常の不快な場面のことです。
  • 正しい呼吸は、CPAP治療中でも十分に役立ちます。

 

また、ヨガは呼吸運動としてとても有名です。もちろん、ヨガで閉塞性睡眠時無呼吸症候群を治すことはできませんが、ストレスを軽減したり、肺活量、呼吸筋、睡眠障害を改善すると言われています。ヨガは、鼻呼吸や鼻孔をきれいに保つことによって、リラックスしたり、より良い呼吸をするため、背骨と横隔膜や頭と首をを正しい位置に導きます。

呼吸を学び眠りを改善してみましょう。