メインコンテンツに移動

適切なCPAPマスクを選ぶには?

効果的にCPAP療法を行うにはマスクがとても重要です。

世の中には、様々なCPAP機器用のマスクが存在します。例えば、フルフェイスマスク、ネーザルマスク、ネーザルピローなどがあります。それでは、どのように正しいものを選んだらいいのでしょうか?マスクは、サイズ、フィット感、快適性、顔の構造など、様々な要素から成り立っていると考えてみましょう。

知っておくと役立つ情報

3つの異なるタイプのCPAPマスクをご存知ですか?フルフェイスマスクとは、口と鼻を覆うタイプです。ネーザルマスクとは、鼻だけを覆い、ネーザルピローは、鼻の孔に装着するタイプです。

どのマスクも睡眠時無呼吸症候群の治療に有効です。しかし、患者様の睡眠時無呼吸症候群の症状や重症度によっては、医師から他の提案を受ける場合もあります。

CPAPマスクのメリットとデメリット

フルフェイスマスク

CPAP圧が高い人、口呼吸する人、閉塞性睡眠時無呼吸症候群患者さんの中でアレルギーや風邪の症状で鼻がつまっている人に適しています。フルフェイスマスクは、仰向けで寝る場合に有効ですが、空気漏れや目の不快感、閉所恐怖所、読書時、テレビを見る時などに眼鏡をかける際の煩わしさといったデメリットもあります。

ネーザルマスク

CPAPの設定圧が高い人と自然な呼吸ができる人に適しています。しかし、鼻閉、鼻中隔湾曲、鼻弁が狭い人などにはおすすめできないこともあります。

ネーザルピロー

軽量で小型です。このタイプのマスクは、視野が広く確保されるという メリットがあります。読書家や、眼鏡をかける人、寝る前にテレビを見る方におすすめします。一方で、CPAPの設定圧が高い人や口呼吸をしてしまう人には適さないこともあります。

 

CPAPマスクを試してみましょう。もし合わないときには変更もできます。

適したCPAPマスクを選ぶには、ニーズ、快適性、好みなどによります。かかりつけの医師や、サービスプロバイダーの担当者が患者さんの要望に対し、アドバイスをおこなってくれるでしょう。

寝ている間、口と鼻どちらで呼吸していますか?閉所恐怖症などはありますか?鼻の中の形はどうですか?皮膚に痕がつきやすいですか?顔に装着することに恐怖を感じますか?

まずは、マスクを装着し、顔に合うように調節して、寝てみてください。もしどうしてもご使用のマスクに快適性を感じられない場合は、医師に相談しましょう。

マスクの選択は、CPAP治療の重要な要素です。時間をかけてあなたに一番合ったものを見つけてください。

監修医:

大阪回生病院

睡眠医療センター長 大井 元晴(おおい もとはる) 医師

       部長 谷口 充孝(たにぐち みつたか)医師