メインコンテンツに移動

睡眠時無呼吸症候群の検査

睡眠時無呼吸症候群の早期発見及び診断は非常に重要です。

睡眠時無呼吸症候群の早期発見及び診断は非常に重要です。先ず最初に、ご家族、パートナー、友人に、眠っている間大きないびきをかいていないか、睡眠中に呼吸が止まっていないか、などの症状について尋ねてみるといいでしょう。通常、そうした人によって病気が発覚することがあります。その他の睡眠中の危険因子を見つける方法としては、Stop-Bangというセルフチェックの質問があります。

睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合は、できるだけ早く医療機関を受診し、検査を受けましょう。

 

医療機関を受診する

医師は、症状を診察し、症状や既往歴について質問したり、Epworth Sleepiness Scale(エプワース眠気尺度)を用いて、日中の眠気を調査したり、他にも、体重、首周りの状態、呼吸検査などを行うことがあります。

もし閉塞性睡眠時無呼吸症(OSA) の症状がある場合、医師は診断の適正を確認するため、睡眠検査を実施します。

睡眠検査をする

睡眠時無呼吸症候群が疑われた場合、以下の検査を実施します。

①簡易検査:睡眠中に小型のセンサーを装着し、経皮的な動脈の酸素量などを測定します。自宅でセンサーを装着するだけで、簡単に検査が行えます。
 

②ポリソムノグラフィー検査(PSG検査):簡易検査を行い、更に精密検査を行う場合に実施します。通常PSG検査は病院に一泊して行います。簡易検査の検査項目に加え、下記のような項目まで細かく調べます。

  • 脳波検査
  • 末梢神経伝導速度検査・H反射検査
  • 肺機能検査
  • 鼻腔通気度検査
  • 心拍数及び血中酸素レベル(パルスオキシメ-ター)
  • 心電図

これらの検査は痛みを伴うものは一切ありません。また、録音やビデオ機器も使用される場合があります。検査後、医師によってOSAの診断、睡眠や健康への影響についての説明や、適切な治療を推奨します。診断を知っておくことは大事です。

もし睡眠時無呼吸症候群だった場合、適切な治療を行うことで、生活が改善される可能性があります。もし睡眠時無呼吸症候群ではない場合は、睡眠障害の原因を追究する必要があるでしょう。