メインコンテンツに移動

著者の紹介


松橋耳鼻咽喉科・内科クリニック 院長
松吉 秀武 医師

熊本県宇城市にある耳鼻咽喉科・内科クリニックで、めまい、耳鼻咽喉科、内科に対応し、睡眠時無呼吸症候群、がん高圧酸素療法、がん温熱療法、舌下免疫療法も行っています。

「日本耳鼻咽喉科学会認定 耳鼻咽喉科専門医」、「日本気管食道科学会認定 気管食道科専門医」、「日本めまい平衡医学会認定 めまい相談医」、「日本めまい平衡医学会認定 めまい専門会員」として、耳鼻咽喉科、内科、なかでも「めまい」「がん」「睡眠時無呼吸症候群」に特に力をいれています。ガイドラインにとらわれすぎず、患者さまの立場に立った優しい医療を目指しています。とりわけ、お子さまの診察には優しい対応を心がけています。

【睡眠時無呼吸外来でに取り組みについて】
近年、欧米では高血圧の原因としてまず睡眠時無呼吸症候群(SAS)を鑑別することが必要とされていますが、当院では内科を併設していることもあり、高血圧の患者さまにはできるだけSASの精査をさせていただいております。これまで無呼吸低呼吸指数が40以上であった355名の患者様(令和元年12月31日現在)にCPAPを導入しておりますが、院長がCPAP療養士であることから、CPAP患者さんに対する問題点となる、鼻マスクをいかにうまく使用していただけるかを患者様と同一視点にたって検討しております。鼻に対する、薬物療法、手術療法も積極的に施行しておりますので、CPAP療法に対する鼻閉管理の重要性についても報告をしております。