メインコンテンツに移動

在宅酸素と旅行

在宅酸素療法を受けながらも旅行に行くことは可能です!

計画が重要です

計画とは、旅行券や休暇を取る前に、医師、旅行代理店、航空会社、宿泊施設、サービスプロバイダーなど関係者への連絡が含まれています。

医師に相談

旅行計画については医師に相談してください。 飛行中、航空機内の空気圧の低下が血中酸素濃度に影響するため、追加の薬が必要になる場合があります。また、旅行には追加の酸素が必要な場合もあります。

薬と酸素療法の処方箋が記載された、簡単な病歴文書を医師にもらいましょう。荷物を紛失したり、医療処置が必要な場合に役に立ちます。

旅行代理店に相談

車、バス、電車、船、飛行機のいずれで旅行する場合でも、交通手段によって必要な対処が異なります。たとえば、一部の航空会社には、申請書が必要な場合があります。旅行会社ごとに使用できる酸素機器の種類に関するルールが違うこともあります。

旅行前に、書類作業などに時間がかかる可能性があるということを忘れないでください。

サービスプロバイダーへ連絡

国内旅行には最低でも2週間前、海外旅行には最低4週間前の通知が必要です。 理想的なのは、サポートがよりスムーズに利用できる平日に目的地に到着するように計画してみるといいかもしれません。

詳しくは医師に確認しましょう。

 

旅行前の計画チェックリスト

旅行の少なくとも8週間前に開始すると、すべての手配を行うのに十分な時間があるはずです。

旅行前のチェックリスト:

  • 酸素療法の処方箋のコピーを入手
  • 旅行計画と酸素療法について医師に相談する
  • 旅行に適していることを示す手紙を医師からもらう
  • 旅行会社に必要なものを相談する
  • 航空会社に支援を要請する
  • サービスプロバイダーに相談する
  • 予備の部品などを持っていく